くすみやすい部分のくすみ対策

くすみを消す!美白方法

MENU

くすみやすい部分のくすみ対策

くすみやすい部分のくすみ対策についてです。

肌のくすみは見た目年齢を上げてしまうので、気になります。

特に年を重ねてくると、肌の老化とともに余計に肌のくすみが目立ってしまうので、女性にとっては大きな問題です。

顔の中には三角ゾーンと言われる、とくにくすみになりやすい部分が3か所あります。

それは「目の周り」、「」、「小鼻」です。

「あご」もくすみやすいですね。

とくに目の周りの中でも目の下部分は一番くすみが出やすい場所で、ここがくすんでしまうと、疲れた病人のように見えてしまいます。

また、頬のくすみも顔全体を暗くしてしまうので要注意です。

この見た目年齢をあげてしまうくすみ対策は、肌のタイプによって少しずつ違ってきます。

まずは脂性肌ですが、このタイプの人は皮脂分泌量が多いために午後や夕方以降にくすみを感じやすくなります。

ファンデーションやアイメイクなどの油分が皮脂に加わって時間がたつと黒ずんできてしまうのです。

毎日きちんとクレンジングして正しい洗顔、そしてしっかり保湿してあげることで余計な皮脂分泌を抑えることができます。
例えば、お肌に優しいクレンジングは、オラクル化粧品のメイク落としです。


また甘いものや脂っぽいものを少し控えるようにするのも有効です。

ファンデーションなども、軽めのものを使うようにするとよいですよ。
石鹸で落とせて肌に優しいです。

次に普通肌ですが、このタイプの人のくすみは、血行不良が原因の場合がけっこう多くあります。

皮膚の新陳代謝をアップするビタミンA、美白によいビタミンC、血行を促すビタミンEなどが不足しないように、バランスの良い食事を心がけましょう。
食事が不規則でバランスが悪い時は、ロスミンローヤルを飲むのも効果的です。

リンパマッサージや軽い運動を取り入れるのも血行促進につながるのでおすすめです。

また、乾燥肌・敏感肌の人は、肌のターンオーバーが正常に行われずに古い角質が残ったままとなってくすみになりがちです。

角質の奥までしっかり潤うタイプの化粧水や美容液などで、肌をしっかり保湿してあげてください。

できれば、クレンジング不要のノーメイクの日を1週間に1度くらいとれると、肌を休ませてあげられます。

最後に混合肌ですが、このタイプは、オイリー部分には脂性肌ケア、乾燥部分には乾燥肌ケアと使い分けるのがポイントです。

ただ、どちらにしても保湿をしっかりすることでオイリー部分の皮脂分泌は抑えられ、乾燥部分は潤って、肌が全体的に整えられます。

そして、どのタイプであっても、肌老化を進めてしまう紫外線から肌を守る対策は必要です。

UVケアで肌を守り、美白効果の高いスキンケアを取り入れるようにしましょう。

たとえば、くすみ改善で名高い「二十年ほいっぷ」で毎日洗顔をするといった方法もおすすめです。

顔だけでなく入浴時に全身に使えてトータルの美白に役立ちますよ。

くすみを消す!二十年ほいっぷ

くすみを消す!洗顔の二十年ほいっぷで全身美白
色白になって5才若返った!と人気の洗顔料
普通の石鹸では消えないくすみも消します!
二十年ほいっぷ